発達障害の特徴と歴史
発達障害と教育

教育現場での発達障害者の問題は、授業についていけない(学習障害LD)、授業中じっとしていられない(ADHD)、対人が苦手で孤立してしまう(アスペルガー障害等)などの問題がある。自閉傾向のある子供は動きがぎこちないことがあるため、体育などで他の生徒や教師の叱責、嘲笑を浴び、チームから外されてしまうこともある。いたく自尊心を傷つけられた子供は腹痛や頭痛など身体症状を無意識的に出すことで、不快な刺激を回避しようとする。不登校の始まりである。

以前は発達障害の対応は軽度自閉症の子供への特別支援級、もしくは養護学校での動きが中心であった。定型発達者との接触はあまりなく、刺激の少ない環境で落ち着いて過ごせるように配慮され、対応する教師も生徒の困難をよく理解しているものであった。

しかし、それまでに概念がなかった、いや、認識されていなかったADHD、LD、アスペルガー症候群などの知能は高く保たれるものの機能に制限がある子供達は、普通級にいることが多い。まことに残念なことであるが、彼らの生活上の困難について理解し、学ぶ時間が教師には取れないことが多く、問題児扱いされて終わることが多かった。子供たちは挫折感と抑え込まれた自尊心を抱えながら生活していたのである。

しかし、現在では彼らの良さ、能力の高さを生かし伸ばそうとする取り組み、特別支援教育が始まっている。さらに教師を中心としたボランティア団体が、無償で学業の遅れた部分を教え、補う或いはパソコンを使って彼らがわかりやすい形で授業を行う個別対応が放課後、休日などに行われるなどの取り組みもなされている。